宝くじ

よく当たる宝くじの買い方を解説|ジャンボ宝くじの高額当選者の特徴も紹介

当たる宝くじの買い方

宝くじの高額当選、一度は夢見ますよね。

宝くじを当てたいと思っている人は、

  • 「宝くじの当たる買い方ってどんなだろ?」
  • 「宝くじって色々あるけど、どれを買えばよいのかな?」
  • 「宝くじが当たる人ってどんな人なのかな?」

と疑問があるのではないでしょうか。

この記事では、宝くじの種類や当たる宝くじの買い方、高額当選する人の特徴を解説していきます。

無料で宝くじの当選確率アップ↑↑

今だけ期間限定で、金運が上昇する『特別な金運占い』が無料で受けられます。

2022年、宝くじで大当たりを引き寄せたいなら今のうちから始めておきましょう!

占いを受けた方からは

  • 宝くじにあたった!
  • ボーナスがアップした!

など、金運アップを実感した声が届いています。

あなたも特別な金運占いを今すぐ始めて、金運を呼び寄せてみてください。

\ 無料で金運爆上がり‼️/
▽宝くじ大当たり続出中!!▽
▼金運占いはこちらをタップ▼

月相の金運成就

当たる宝くじの買い方【基本編】

当たる宝くじの買い方

当たる宝くじの買い方を理解するには、まずは宝くじの種類と基本的な買い方を知る必要があります。

宝くじの種類・宝くじの基本的な買い方についてそれぞれ説明していきます。

その1:宝くじの種類を知る

実は、宝くじと一言で言ってもそこには様々な種類が含まれます。

例えば、宝くじの種類で良く知られているのは、次のようなものです。

  • ジャンボ宝くじ
  • ナンバーズ
  • ロト

順番に、どのようなくじであるかの特徴と当選確率について解説します。

ジャンボ宝くじ

まず紹介するのは「ジャンボ宝くじ」です。

ジャンボ宝くじは、「ジャンボ宝くじ」と「ジャンボミニ宝くじ」の2種類があります。

前者は、組と番号がはじめに決められているタイプの宝くじです。

抽選で決定した当選番号と一致すると、当選金がもらえます。

用意された宝くじを買うだけなので、とても手軽です。

等ごとの当選金は次のようになっています。

後者の「ジャンボミニ宝くじ」は、1,000万枚を1ユニットとし、各ユニットから1枚ずつ1等が選出される仕組みになっています。

そのため当選金も低めに設定されています。

1等以外の当選本数も、通常のジャンボ宝くじよりもミニ宝くじの方がやや多いです。

「ジャンボ宝くじ」と「ジャンボミニ宝くじ」の当選金と当選確率は次のようになっています。

等数 当選金 当選確率
1等 5億円 1/1,000,000
2等 2000万円 1/500,000
3等 100万円 1/10,000
4等 5万円 1/1,000
5等 3000円 1/100
6等 300円 1/10

ナンバーズ

次に紹介するのは「ナンバーズ」です。

0~9の数字数桁と、『ストレート』『ボックス』『セット』のうちいずれかの買い方を選ぶ宝くじです。

3桁の数字を当てる場合はナンバーズ3、4桁の数字を当てる場合はナンバーズ4と呼ばれています。

『ストレート』『ボックス』『セット』とは、それぞれ次のようなタイプを指します。

  • ストレート:「数字も並び順もすべて一致」を狙うタイプ
  • ボックス:「数字はすべて同じ(並び順は問わない)」を狙うタイプ
  • セット:当選金が半分になる変わり、「ストレート」「ボックス」のどちらかも狙うライプ

ナンバーズ4の、等ごとの当選金と当選確率は次のようになっています。

ストレート 90,000円 1/1,000
ボックス 15,000円 6/1,000
セット_ストレート 52,500円 1/1,000
セット_ボックス 7,500円 5/1,000

ロト

「ロト」も有名な宝くじの形式の1つです。

決められた数字の中から、異なる数字を選んで当てるタイプの宝くじです。

ロト6、ロト7など、いくつか種類があります。

キャリーオーバー発生時なら、ロト7が最高10億円、ロト6は最高6億円もの高額当選を狙えるので、人気の宝くじの一つです。

等ごとの当選金および当選確率は、次のようになっています。

キャリーオーバーのない場合の、おおよその当選確率と当選金です。

1等 4億円 1/10,295,472
2等 1,000万円 14/10,295,472
3等 100万円 196/10,295,472
4等 12,500円 9,135/10,295,472
5等 2,000円 142,100/10,295,4721
6等 1,000円 242,550/10,295,472

その2:基本的な宝くじの買い方を知る

宝くじの中でも、とくに初心者でも買いやすく、当選金額が高いのは、ジャンボ宝くじです。

ジャンボ宝くじの当選金額は、かなり高額で当選本数も多く、期待大の宝くじです。

ここからは、そんなジャンボ宝くじについて、当たりやすい買い方を解説していきます。

まず、基本的な宝くじの買い方は下記があります。

  • 連番
  • バラ
  • 3連バラ
  • 福連100
  • 福バラ100

それぞれの買い方を紹介します。

連番

まず紹介するのは「連番」です。

「連番」とは、番号が続いているくじをまとめて買うことをいいます。

連番のメリットとしては、なんといっても一攫千金を狙いやすいということでしょう。

連番だからこそ、ジャンボ宝くじのような前後賞合わせての賞金の当選確率が高くなるのです。

ただし、以下のデメリットも挙げられます。

  • 連番で買うためのまとまったお金が必要
  • 番号が連なっているため、1枚が外れていると残りの9枚も外れだと分かり楽しみがない

バラ

2番目に紹介するのは「バラ」です。

「バラ」は、連番とは逆に、番号がばらばらの数字のくじのことをいいます。

バラで買うメリットとしては、ばらばらの6桁の数字を購入していても、番号の末尾は連番と同じように「0~9」が連番になっていることです。

つまり、バラの1セットを購入すれば、最低でも300円は当選できることと、連番で買うよりも当選の楽しみが増えることがメリットといえます。

バラのデメリットは、連番と違って隣り合う数字を購入しないため、1等と前後賞を同時に狙えなくなるということです。

3連バラ

3番目に紹介するのは「3連バラ」です。

「3連バラ」とは、最低30枚の購入によって、「連番3枚を10通り買う」という買い方のことです。

バラでありながら、1等と前後賞が当たる可能性が10通りも用意されているのが特徴です。

連番とバラの長所をどちらも狙った購入ができるのがメリットと言えます。

福連100

4番目に紹介するのは「福連」です。

「福連」とは、100枚の連番を購入する買い方のことです。

組は10種類あり、下2桁が00~99まですべてあります。

福連のメリットは、連番の様に1等と前後賞を同時に狙えることと、最低でも6,000円以上が必ず返ってくることが挙げられます。

デメリットとして、福連100では100枚購入することになるので、「300円×100=30,000円」のお金が必要になることが挙げられます。

福バラ100

5番目に紹介するのは「福バラ」です。

「福バラ」とは、下2桁が00~99の番号で、100種類の組番号100枚を、番号が連ならないようにばらばらに購入する買い方です。

下1桁300円の当選×10、下2桁3,000円の当選×1、の合計6,000円が確実に当選できるという、福連の特徴を残しつつ、バラならではのワクワク感も残った買い方です。

また、下記では宝くじや他のくじにおける当選確率を一覧で比較しているため、参考にしてみてください。

>>宝くじが当たる確率を紹介!ジャンボ宝くじ、ロト、スクラッチの当選確率を一覧で比較

宝くじが当たる確率を紹介!ジャンボ宝くじ、ロト、スクラッチの当選確率を一覧で比較宝くじ当選の確率についてまとめました。年末ジャンボ1等を当てるにはどれくらいの確率なのか。交通事故に遭う確率とどちらが高いのか。ジャンボ宝くじ以外の宝くじの当選確率は?など詳しく説明しています。...

当たる宝くじの買い方【実践編】

当たる宝くじの買い方

ここからは実践編として、実際に当たる確率を挙げる宝くじの買い方について紹介します。

「当選確率を少しでも上げたい人の買い方」と「資金に余裕がある人の買い方」に分けて説明していきます。

その1:当選確率を少しでも上げたい人の買い方

まず、当選確率を少しでも上げたい人のための買い方を紹介します。

当選確率を上げる買い方には「縦連」「100枚ぶっ通し」があります。

a.縦連

「縦連」とは、連番10枚と、その続き番号10枚以上を購入する方法です。

例えば、

  • 1セット目: 45組 216350~80組 216359
  • 2セット目: 45組 216360~80組 216369
  • 3セット目: 45組 216370~80組 216379

といった購入の仕方です。

「同じ組」かつ「連続した番号」に特化した当たる買い方で、「1等+1等の前後賞」の可能性が高まるのが、この買い方のメリットです。

逆に30枚、9,000円が必要なのが、デメリットです。

b.100枚ぶっ通し

100枚ぶっ通しは、その名の通り、「同じ組」かつ「連続した番号」の宝くじを100枚購入する方法です。

例えば、

62組:103700~62組:103799

のような買い方です。

100枚ぶっ通しのメリットは、当選金の、最低金額が高いことです。

ジャンボ宝くじを「100枚ぶっ通し」で購入すれば、最低でも6,000円が当選する計算になります。

「下1桁の6等300円×10枚」+「下2桁の5等3,000円」が必ず当たるようになっているためです。

100枚ぶっ通しも、縦連と同様、100枚 30,000円というまとまったお金が必要なことはデメリットといえるでしょう。

また。100枚ぶっ通しを購入できる宝くじ売り場は限定されているという点もデメリットです。

その2:資金に余裕がある人の買い方

次に、資金に余裕がある人の宝くじの買い方について、紹介します。

当選確率を上げる買い方には「特バラ」「特連」「特連スペシャル」があります。

a.特バラ

特バラは、01組から100組までの宝くじを1枚ずつ、ばらばらで計100枚購入する買い方です。

下2桁も、00~99までが入るようになっているので、1枚ずつ当選番号を確認する楽しみがあります。

特バラは最低でも下1桁が10枚と、2桁が1枚の当選金額から、6,000円が戻ってくる計算になります。

まとまった購入資金が必要で、最低30,000円が必要なのが、特バラのデメリットといえます。

b.特連

先ほど紹介した特連は、資金に余裕がある人の買い方としてもおすすめです。

特連で一度に買う宝くじの枚数は100枚になります。

「連番10枚×10種類」で100枚です。

連番を10セット買うのと同じなのですが、違うのは、特連なら下2桁は00~99までが揃うということです。

連番での購入という点で、先ほど紹介した特バラとは、少し考え方が違うことが分かります。

c.特連スペシャル

「特連スペシャル」とは、異なる組番号で、番号の下3桁「000」~「999」まで、すべてを網羅する買い方です。

下3桁が抽選される宝くじの場合、当選が確定するので、多くの金額を受け取りやすくなります。

一方で、1,000枚 300,000円という非常に多くの購入費用が必要なことと、限られた売り場(大阪駅前第4ビル特設売場)でしか購入できないことがデメリットです。

さらにもっと金運を上げて、素敵な2022年を過ごしたい方へ。

今なら無料で金運を占えます。

今年の金運を知って、更に素敵な2022年にしましょう。

素敵な2022年にするためにも、ぜひ無料のうちに占いを試してみてくださいね!

>>2022年の金運は?今年を素敵な1年にしたい人はコチラ

実際に宝くじが当たった人の8つの特徴

当たる宝くじの買い方

実際に宝くじが当たった人は、どのような特徴があるのでしょうか?

これから紹介する方法は、ジャンボ宝くじの公式サイトにて1,000万円以上当選した人369人にアンケートを取ったことで見えてきた特徴です。

アンケートの結果、宝くじに当たる人ならではの傾向が見えてきましたので、ご紹介します。

その1:10年以上の購入歴がある

まず「10年以上購入している」人が多数宝くじを当てています。

何事も継続が大事です。一度買って外れるとすぐやめてしまいがちですが、外れてもあきらめず、継続的に長い目で見ることが重要です。

極論ですが、「当たるまで買い続ける」ことが宝くじを当てるコツになります。

その2:購入枚数は30枚

次に「購入枚数は30枚とする」です。

単に確率論だけで考えるならば、購入枚数が増えれば当選確率が高くなると思いがちですが、実際にはそうでもないのが宝くじの不思議なところです。

100枚以上を一気に買う人も、アンケート回答者全体の13.3%を占めましたが、それでも最も多かったのは、「20~29枚」の16.5%と、「30枚」の20.9%。

この2つの選択肢だけで全体の4割ほどになります。

適切な買い方で必要枚数を買うのが良いといえます。

その3:年に数度購入している

アンケートによれば、高額当選した人の宝くじ購入頻度としては、「ジャンボのみ」を買っている方が135人(37%)と最も多く、2位の「年数回」が93人(25%)で続いており、この2つを合わせると全体の6割以上という結果となっています。

毎回でもなく、1度だけでもない、程よい距離感で宝くじを楽しんでいる人が多いようです。

その4:夢を買う意識で購入している

高額当選者が宝くじを購入する理由は「夢を持ちたいから」が177人(48%)と5割近くを占めました。

一方で、最も少なかったのは「お金が欲しくて一発勝負」40人(11%)でした。

お金だけではないワクワク感を目的に買うと良いでしょう。

その5:毎回買う場所が同じ

売り場を選んだ理由で一番多かったのは「いつも買っているから」(175人、47%)でした。

次いで「出かけたついでに」購入する人が118人(32%)となっています。

当たると評判の有名な売り場に行くことも良いかもしれませんが、アンケートの結果では、毎回買う場所を変えるのではなく、1つの場所に絞るほうが、高額当選の確率は高くなります。

その6:連番とバラの割合に気をつけている

当たる人は連番・バラの割合に気をつけている人が多いのも特徴の1つです。

先ほど紹介した当たる買い方を参考に、自分に合った方法で購入してみましょう。

また連番とバラの割合だけでなく、実際の購入する日にこだわっている人も多いです。

「大安」や「一粒万倍日」など、何かを始めるのに向いている開運日に合わせた宝くじの購入は吉と言われています。

一粒万倍日、大安などについて、詳しくはこちらの記事で紹介しています。

>>【2022年】宝くじを買う日、当たる日のおすすめ|縁起の良い日をカレンダーで紹介

【2022年】宝くじを買う日、当たる日のおすすめ|縁起の良い日をカレンダーで紹介2022年宝くじが当選しやすい吉日、避けた方がいい凶日をまとめました。「大安」以外にも吉日が重なることで更に確率がアップする日もあります。実際に当選した人のTwitterも紹介しています。 ...

その7:ゲン担ぎをしている

当選した宝くじを購入する際に、何らかのゲン担ぎをした方は約8割(82%)もいました。

約8割の人がゲン担ぎとして何かしら行っているといわれています。

特に、お参りに行く人が多いです。

神頼みではないが、お参りに行って運気をあげるのも良いでしょう。

お墓は全体的な運気に関連しますので、金運もアップします。

「その他」が160人(43%)となっており、独自のゲン担ぎを行っている方も多いようです。

その8:宝くじの保管場所を決めている

宝くじが当たる人は、宝くじの保管場所を決めていることが多いです。

あちこちに移動させたり、買うたびごとに保管場所が違うのは、あまりよくありません。

机や仏壇などが多いので、まずは定位置を決めてみよう。

金運を上げたいのであれば、定位置に落ち着かせて宝くじも金運もしっかりと自分の元で根付くようにイメージしてみるとよいでしょう。

下記では宝くじの保管方法を詳しく紹介しているので、参考にしてみてください。

>>宝くじの保管方法を紹介|当たる場所やNGの場所、保管時の注意事項なども徹底解説

宝くじの保管場所
宝くじの保管方法を紹介|当たる場所やNGの場所、保管時の注意事項なども徹底解説宝くじの保管場所について解説しました。実際に高額当選者の保管場所をランキング形式で紹介したり、その他風水から見て保管場所に向いている場所や不向きな場所についても解説しています。...

当たる宝くじの買い方まとめ

当たる宝くじの買い方

当たる宝くじを買うには買い方が非常に重要です。

実際に当たる人をみると、買い方だけでなくゲン担ぎや保管場所、購入場所などこだわりがある人も多いです。

この記事を参考に、宝くじで高額当選の夢を買ってみて下さい。

もっと金運を上げて最高の2022年を送りたいあなた!

今だけ限定でプロの鑑定士による『特別金運鑑定』が無料で受けられます。

占いを受けた方からは

  • 宝くじにあたった!
  • ボーナスがアップした!

などと、たくさんの方が金運アップを実感した声が届いています。

2022年あなたも特別な金運占いで金運を呼び寄せてみてください。

>>2022年の金運は?今年を素敵な1年にしたい人はコチラ

【今だけ!】特別な金運占いがなんと無料

今だけ期間限定で、金運が上昇する『特別な金運占い』が無料で受けられます。

金運アップに絶大な効果があると評判になっており、この占いを受けた方からは

  • 宝くじに高額当選
  • 突然ボーナスがアップ
  • 思わぬ臨時収入をゲット

など
などの声が届いています!

最高の2022年を送りたい方は、さっそく始めて金運アップを呼び寄せてみてください。

\ 今すぐ無料で金運を占えます /
↓2022年の金運占いはこちらをタップ↓

月相の金運成就